[PR]

 グルメサイトの評点や検索結果の表示順位などをめぐってサイト側が不当な要求をしていないか、公正取引委員会が実態調査に乗り出した。契約料に応じて恣意(しい)的に内容が操作されているのではないかとの疑念が専門家らから出ており、独占禁止法違反(優越的地位の乱用)などの問題があれば、サイト側に改善を促す方針だ。

 公取委の山田昭典事務総長が9日の定例会見で、「サイトの運営業者と飲食店との取引関係について、問題があるのかないのかを調査している」と明らかにした。「(サイト側が店に)不当な条件を押しつけていないか」などの観点で調査するという。

 公取委は9月から、グルメサイトの加盟店にアンケートを始めた。朝日新聞が入手した調査票によると、公取委は「食べログ」「ぐるなび」「ホットペッパーグルメ」を例示。評点や検索結果の表示順位で不利な扱いを受けた経験や、契約の一方的な改定、不要なプランの契約など、計60問について回答を求めている。

 具体的な質問項目としては、サ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら