[PR]

 トランプ米大統領がウクライナ大統領に対し、バイデン前米副大統領を調べるよう圧力をかけたとされる「ウクライナ疑惑」をめぐり、トランプ政権は8日、米下院が進める弾劾(だんがい)調査に一切協力しない方針を打ち出した。調査を通じて、政権に不利な情報が出つつあるなか、下院で過半数を占める民主党は「民主主義への裏切り」と猛反発。トランプ氏と議会の攻防は、全面対決へと突入した。(ワシントン=土佐茂生)

 弾劾調査を進める下院3委員会はこの日、ウクライナと接触していたキーマンの一人、ソンドランド駐欧州連合(EU)大使から非公開で事情を聴く予定だった。しかし、国務省は当日の朝になって「出席は認められない」と通達。トランプ氏は「ソンドランド大使を証言させたいのは山々だが、そうすれば欠陥インチキ法廷で証言することになる」とツイートした。

 さらに、夕方になってホワイトハウスはペロシ下院議長や3委員長に書簡を送り、「調査は、根本的な正当さと、憲法に定められている適正手続きに反して行われている」などとして、協力を全面的に拒否することを通告した。これまでトランプ氏が「調査に協力する」と語り、ウクライナのゼレンスキー大統領との通話記録なども公開してきた姿勢から一転した。

 書簡では、証人の聴取を非公開…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら