[PR]

 赤ちゃんも、表彰台の順位のように、空間的に上に立つ人を「目上」の存在と感じている――。京都大や九州大のチームが、こんな研究結果を英科学誌「英国王立協会紀要」に発表した。目上や目下の人間関係は、言葉を学ぶ過程で認識すると考えられていた。より早い発達段階から判断できるとみられ、人間社会の起源に迫る成果だ。

 京大の森口佑介准教授(発達心理学)によると、表彰台やピラミッド型の組織図のように、空間的に上にいる人が偉い、優位との認識は、世界で共通。上下と人間関係の優位性が結びついた言語表現も各国にあり、赤ちゃんは言葉から上下関係を知ると考えられていた。

 研究チームは、表彰台の上下に並んだキャラクターが、その後物を取り合う動画を作製。上が勝つ動画と、下が勝つ動画を用意し、動画を流す順番を変えながら、生後12~16カ月の男女の赤ちゃん18人に見せ、目線を追った。

 すると、上が勝つ動画を見た後は平均約10秒で画面から目を離したのに対し、下が勝つ動画の場合は同16秒だった。チームは、画面を長く注視した理由を、「優位な上が勝つ」という予想や期待に反したためだとみている。

 森口さんは「言葉ではなく親らを見て学んだのか、あるいは生まれつき身に付いているのか、研究を進めたい」と話している。(野中良祐