【動画】神奈川県三浦市の油壺湾では、台風19号の接近に備えて漁船が集められ、係留されている=遠藤雅彦撮影
[PR]

 大型で猛烈な台風19号は非常に強い勢力を保ったまま、12~13日に四国から関東、東北まで広い範囲で接近、上陸する恐れがある。気象庁は9日、通常は台風が接近する前日に行う会見を開き、先月の台風15号や昨年の台風21号と同程度の暴風になるとして、早めの備えを呼びかけた。

 同庁は台風19号の進路について、「一番接近の可能性が高いのは東日本」と説明。西寄りに進んだ場合は四国や近畿に上陸した後、北陸や東北などへ進む可能性があるという。13日には三陸沖で温帯低気圧に変わる見込み。

 台風の北上に伴い、太平洋上の前線も北上。台風接近前の10日夜には伊豆諸島で、その後、千葉県でも雨が強まる恐れがある。11日午後6時までに予想される24時間雨量は、多いところで近畿や東海、伊豆諸島で100~150ミリ。関東甲信で50~100ミリ。

 その後も台風や前線の影響で雨は強まり、西日本の太平洋側では12日ごろ、東日本と北日本では12~13日ごろ、警報級の大雨となる可能性がある。大潮の時期と重なっており、西日本と東日本では高潮への警戒も必要になる。

 台風15号で大きな被害を受けた千葉県鋸南町では9日、住民たちが台風19号への備えに追われた。屋根を覆うブルーシートのロープを締め直したり、割れても飛び散らないように窓ガラスを粘着テープで補強したりする人の姿が見られた。

 雨戸を板で固定していた男性(64)は「シートはもう飛んでいってしまうとあきらめている。窓が割れるのだけでも防げたら」と言って額の汗をぬぐった。

 だが、自力で備えをするのが難しい人も。ブルーシートで覆われた家に一人で住む渡辺久子さん(78)は「前回の片付けだけで精いっぱい。体がついていかず、次の台風の対策もしようがない」と話した。(金山隆之介)