【動画】記者会見で辞任を表明した関西電力の八木誠会長ら=白井伸洋撮影
[PR]

 関西電力幹部らが福井県高浜町元助役の森山栄治氏(故人)から多額の金品を受け取っていた問題は、八木誠会長と岩根茂樹社長のトップ2人が辞任する事態となった。2人は9日の記者会見で、信頼を失墜させた責任を取る姿勢を強調したが、いまだ「隠蔽(いんぺい)体質」との不信感は根強い。

 9日午後3時から始まった記者会見。大阪市福島区の会場には約200人の報道陣が集まり、会見は約1時間半に及んだ。

 「今般の事態の経営責任を明らかにするため、辞任することとしました」

 会見の冒頭、八木会長はこう語り、頭を下げた。岩根社長も、12月下旬をめどとしている第三者委員会の報告が出た段階で退く考えを表明した。1週間前の会見では「原因究明、再発防止を行うことで経営責任を果たす」と続投を強調していたが、一転して辞任となった。

 関電が一連の問題発覚後に開いた会見は今回で3回目となる。情報開示が不十分だと批判された最初の会見を受け、2回目の会見では社内調査報告書を開示した。だが、問題の背景が明らかになるにつれて疑念は深まり、連日のように批判を浴びた。

 今回明らかになったのは、高浜町元助役の森山氏から歴代幹部らが代々金品を受け取っていた構図だ。岩根社長は「問題が外に出ると原子力に影響が出る。古い時代からの前例踏襲主義というか、組織として機能できなかった。ここが一番大きいところ」と語った。また、今回の問題の資金源とされる土木建築会社「吉田開発」についてはこれまで、「契約は適切だった」と説明していたが、この日の会見では「第三者委の方に判断頂きたい」と述べるにとどめた。

 問題の全容解明は、これからだ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら