[PR]

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は9日、日本と同じ1次リーグA組のスコットランド―ロシア戦があり、スコットランドが9トライを奪い、61―0でロシアに快勝した。このため、日本の8強入りは持ち越しとなった。

 スコットランドは中3日で迎える日本との1次リーグ最終戦(13日)に備え、主力を温存。それでも勝利による勝ち点4に加え、4トライ以上に与えられるボーナスポイント(BP)の勝ち点1を獲得し、勝ち点を10に伸ばした。

 勝ち点14でA組首位の日本は、スコットランドに勝つか引き分ければ無条件で初の決勝トーナメント進出が決まる。スコットランドが勝つと、BPの獲得状況などが絡んでくる。

■日本戦に備えて主力休んで…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら