[PR]

 「民間療法に多額のお金を投じた根底には医師への信頼がありました。医師免許を持っている人が商売まがいの治療、著書を出すなどとは思いもしませんでした」(夫の後を継いだスキルス胃がん患者会「希望の会」理事長、轟(とどろき)浩美さん)

拡大する写真・図版医療情報の発信について語る(右から)大須賀覚医師、アレルギー専門医「ほむほむ」先生こと堀向健太医師、消化器外科医「けいゆう」先生こと山本健人医師。このほか病理医「ヤンデル」先生(市原真医師)もキレのあるトークで会場をわかせた=2019年9月29日、東京・渋谷、上野創撮影

 2019年9月29日、渋谷・ヒカリエで「SNS発信の医師4人集結のトークイベント」がありました。ネット上などの医療情報がテーマで、タイトルは「知って、届けて、思い合う~やさしい医療が開く未来」。朝日新聞のニュースサイト「withnews(ウィズニュース) https://withnews.jp/別ウインドウで開きます」が主催し、ツイッターやフェイスブック、ブログなどで医療の専門家として情報を発信している人たちが語りに語って、会場は100人以上の聴衆の熱気であふれました。

 多くのフォロワーがいる「病理医ヤンデル」「外科医けいゆう」「アレルギー専門医ほむほむ」の各氏は、リアルな講演の場でも、さすがの分析力とプレゼン力でした。そのさえた言葉と知見は「#やさしい医療情報」で検索すると読むことができ、withnewsでもアップ予定です。極めて多忙な中、「患者のために」という熱意を胸に発信を重ねている方々に、尊敬と感謝の気持ちがわきました。

手遅れ。医師として悔しさ

 私の心に特に響いたのは大須賀覚先生(40)の言葉でした。「情報発信も命を助ける医療だと気がついたから」。がん治療や先端研究の最新の情報を発信するとともに、根拠のない治療への警鐘を鳴らし続けている理由をそう語ったのです。

 大須賀さんはかつて悪性脳腫瘍…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら