[PR]

土生 裕さん(34) 高梁・有漢の「長蔵音頭」で町おこし

 2年半前、山々に囲まれ、盆地の広がる高梁市有漢(うかん)町に地域おこし協力隊員として赴任し、地域の偉人をたたえる音頭を、現代風によみがえらせた。

 「長蔵(ちょうぞう)音頭」は江戸時代、天明の大飢饉(ききん)で苦しむ川関村(現・高梁市有漢町川関地区)の村人たちを、命がけで守った綱島長蔵とその妻をたたえるもの。重い年貢を免じてほしいと繰り返し訴える長蔵の熱意に打たれ、代官は訴えを聞き入れるばかりか、穀物や金銭も与えたとする歴史を伝える内容だ。

 1975年に詞が作られた。地…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら