[PR]

 生後約1カ月の長男を床にたたきつけ、頭の骨が折れる大けがをさせたとして、佐賀県警は9日、同県鳥栖市立石町、介護福祉士寺崎竜拓(たつひろ)容疑者(28)を傷害の疑いで逮捕し、発表した。寺崎容疑者は「私がしたことに間違いありません」と話しているという。

 発表によると、寺崎容疑者は6日午前3時5分ごろ、鳥栖市内の自宅アパートで長男をリビングの床にたたきつけ、頭蓋骨(ずがいこつ)骨折と急性硬膜下血腫の重傷を負わせた疑いがある。県警は動機などを調べている。

 長男は同日午前8時ごろ、寺崎容疑者に車で福岡県内の病院に運ばれ、集中治療室に入ったという。

 寺崎容疑者は20代の妻と長女(2)、長男の4人暮らし。佐賀県中央児童相談所によると、7日に病院から「虐待の疑いがある」と連絡があり、寺崎容疑者から話を聞き、8日に県警に伝えた。これまで同所への相談はなかったという。