[PR]

遠藤幸一の目

 内村航平(リンガーハット)不在の世界選手権は10年以上前にさかのぼる。

 2007年、今回と同じシュツットガルト。日本は04年アテネ五輪の団体金メダリスト、鹿島丈博が負傷する緊急事態に直面した。

 しかし、代わって出場した水鳥寿思(現男子強化本部長)が団体の銀メダルに貢献し、個人でも銅メダル三つの活躍。翌年に迫る北京五輪を前に日本の存在感を示す立役者となった。

 水鳥は補欠だったが、自分では「絶対出場する」との思いで準備していたという。体操ニッポンの鍵を握るのは、エースの陰に隠れて地道に努力を積む、ほかの選手たちの存在だ。

 今回は、内村という絶対エース…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら