写真・図版

[PR]

 大型で猛烈な台風19号は、非常に強い勢力を保ったまま12~13日に西日本から東日本に接近し、上陸するおそれがある。気象庁は太平洋側では11日午後から非常に強い風が吹き、非常に激しい雨が降るところがあるとして、11日までに備えを終えるよう早めの対策を呼びかけている。

 台風19号は10日正午時点で、父島の南西約440キロの海上にあり、時速20キロで北へ進んでいる。中心の気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートルで、中心から半径240キロ以内では風速25メートル以上の暴風になっている。

 台風の接近に伴い、南から暖かく湿った空気が流れ込むため、西日本の太平洋側と東日本では大気の状態が不安定になり、大雨になるところがある。そのため、12日午前6時までの24時間雨量は、多いところで近畿、東海で200~300ミリ、四国では100~150ミリに達する。