[PR]

 千葉県我孫子市の日本大学3年、八谷(はちや)和樹さん(21)は、26、27日に横浜市である全日本アマチュアダンス選手権大会で、四つの競技ダンス全国大会の2年連続制覇に挑む。「普通に力を出せれば大丈夫」と前人未到の快挙達成に自信を見せる。目標は世界で活躍するプロのダンサーだ。

 小さい頃から父が経営するダンス教室で遊び、いつの間にかダンスを始めていた。小学3年のときに全国大会の12歳未満の部で初優勝。テニスやバスケットなども得意だったが次第にダンスに専念。海外も含めて数え切れないほどの大会で優勝を重ねてきたという。

 練習は1日4~5時間。同大スポーツ科学部の授業で学ぶこともダンスに採り入れる。芸術的要素だけでなくスポーツの要素も大きいことから、筋肉トレーニングや走り込みは欠かさない。1年のうち半分はイタリアや英国など海外に出かけ、レッスンを受けたり競技会に出たりして「スピード、技、表現力」を磨いてきた。

 競技ダンス団体はいくつかあり…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら