拡大する写真・図版若い女性が抱える将来への不安

[PR]

 若い頃のつまずきが、人生後半の不安へと直結する。必死になって現在の生活を立て直しても、老後の暮らしを想像するだけで、怖くてたまらない。そんな若い女性たちがいま、増えている。

 暗黒の20代だった。ふりかえって、ナオさん(35)はそう思う。

 大学に進学後、友人たちと関係をうまく築けなかったことが始まりだった。通学に1時間以上かかったこともあり、半年経たずに学校へ行けなくなった。

 時給900円ほどでハンバーガーショップや居酒屋で未明までアルバイトをした。手に職をつけたいと考え、働きながら医療事務の職業訓練校に通ったが、両立できずに体調を崩した。

 一日中、家にいて部屋から出られず、音楽を聴いたり、本を読んだりして何年も過ごした。母子家庭で長女だったこともあり、働かないことを家族からも責められた。

 実家から離れ、生活保護を受けて、徐々に立ち直りのきっかけをつかむことができた。今は福祉事業所での商品販売など、非常勤の仕事を掛け持ちしている。低賃金ながら一定の収入もあり、生活保護から抜けることができた。

 今は仕事が楽しく、毎日が充実…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら