[PR]

 スマホで同じ単語を検索するのが習慣になっていた。

 「肉腫」

 二つの文字を画面に打ち込むとき、男性(42)の脳裏にはいつも、医師の言葉が浮かんでいた。

 「5年以内の生存率は50%」――。

 右わきの下にできた5センチほどの脂肪の塊を、そう診断されたのは2017年5月だった。10万人に2人が発症する悪性腫瘍(しゅよう)の一種という。その日、どうやって自宅に帰ったのかは覚えていない。

 都内の大学で教壇に立つ。経済学の博士号を取得したのは30歳を過ぎてから。37歳でようやく職を得て、研究だけでなく教えることにも魅力を感じるようになっていた。

 その俺がなぜ。死にたくない。死にたくない。5回入院し、2度手術を受けた。成功はしたが、いつ再発してもおかしくなかった。夜、気づくと自室でひとり、泣いていた。

 病状に関するサイトや、がん患者のブログを手当たり次第にあたった。ある日、吸い寄せられるように目にとまる文字があった。

 〈明日死んでもよし、百まで生…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら