【動画】ラグビーW杯・イタリア選手と小学生が交流会 愛知・豊田市=小山裕一撮影
[PR]

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で、愛知県豊田市内に滞在していたイタリアの選手4人が10日、市立童子山小学校を訪れ、児童たちと交流した。台風の影響で12日に豊田スタジアムで予定されていたニュージーランド―イタリア戦は中止になったが、選手たちはパスのやり方を教えるなどして、楽しいひとときを過ごした。

 約650人の児童は選手たちをイタリア国歌で出迎えた。選手たちは「皆さんが上手に歌ってくれて、感動しました」とあいさつして、子どもたちを喜ばせた。選手からパスを教えてもらった5年の古怒田(こぬた)来輝(らいき)君(10)は「ボールを投げるのはとても難しかったけど、選手と話せて楽しかった」と話した。(小山裕一)