[PR]

 旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)のノーベル化学賞決定をきっかけに、英国の科学者ファラデーが書いた「ロウソクの科学」に注目が集まっている。吉野さんが9日の受賞会見で、研究者の道に進むきっかけになった一冊として紹介した。すでに在庫切れとなったネット書店もあり、出版社は増刷を決めるなどの対応を取り始めた。

 「ロウソクの科学」は、1861年刊行。英王立研究所でファラデーが少年少女のために連続講演した「クリスマス講話」の記録で、1本のロウソクを通じて科学の魅力を伝えた。

 小学4年生の時に先生からこの本を薦められたという吉野さん。9日の会見で「ロウソクはなぜ燃えるのか、炎はなぜ黄色いのか。子ども心に化学はおもしろそうだなと思った」と振り返った。

 大隅良典・東京工業大栄誉教授(74)が2016年にノーベル医学生理学賞を受賞したときも、12歳離れた兄から贈られ、自然科学の研究者を志すきっかけになったというエピソードが紹介され、書店で本が平積みにされた。

 KADOKAWA(東京都千代…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら