[PR]

「まだまだ勝手に関西遺産」

 朝、開場前の静かな映画館。客席後方の上階にある6畳ほどの映写室で映写技師の松本拓海(たくみ)さん(27)が準備をすすめる。この日の最初の上映は、5月に他界した俳優の京マチ子さんの追悼上映作「楊貴妃」だ。

 松本さんが、フィルムが巻かれたリールを映写機に装着する。フィルム映画(35ミリ)は1秒で24コマほど流れ、2時間の作品で約3・3キロの長さになるという。重そうだ。

 窓ガラス越しに見える劇場に、お客さんが入ってきた。照明を落とすと、映写室も真っ暗だ。

 予告編に続き、本編の上映が始…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら