[PR]

 大型で猛烈な台風19号は、非常に強い勢力を保ったまま12日昼前から昼すぎに徳島県内に最接近する見通し。県北部を中心に総雨量300ミリを超える恐れがあり、沿岸部や海上では暴風や高波への警戒が必要だという。

 気象庁によると、台風19号は10日午後6時現在、父島の南西約390キロの海上にあり、時速20キロで北上中。中心気圧は915ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は55メートル。徳島地方気象台の10日午後の会見では、予報円の中心を通った場合、県内では11日昼過ぎから風が強まり、12日の朝から昼過ぎにかけて暴風域に入る可能性があるという。

 11日正午からの24時間降水量は、北部、南部共に100~200ミリ。北部では300ミリを超えるおそれもある。担当者は「常に最新情報を確認し、早めの安全確保を心がけてほしい」と話した。(佐藤常敬)