[PR]

 水産庁は10日、サンマの今年8月から10月9日までの漁獲量が7060トンで、昨年同時期(5万4178トン)の13%にとどまっていると公表した。戦後最低となる記録的な不漁で、同庁は資源量の回復を図るため、来年の国際会議で北太平洋の漁獲枠の削減を提案する方針だ。

 自民党の水産関連の会合で報告した。とりわけ不漁が深刻なのが千島列島沖のロシア水域。今年は19トンで、昨年(2万9489トン)のわずか0・06%だ。

 近海でサンマがとれないなか、9月には例年は行かない公海に出漁した小型漁船が転覆する事故が発生。会合に出席した全国さんま棒受網漁業協同組合の八木田和浩組合長は、「予想を上回る天災級の大不漁。漁業者の自助努力ではどうしようもない状況だ」と窮状を訴えた。

 北太平洋のサンマ漁では、7月…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら