[PR]

 小売り大手セブン&アイ・ホールディングスがリストラを発表した。それは歴史的に何を意味するのか。

 日本の小売業は大きな転換点にある。今回の転換点の主役は、21世紀になって急速に広がったネット通販だ。人口減少に伴う従業員の不足や来店客の減少も、既存小売業の売り場を直撃している。

 とりわけ2000年前後に生まれた世代は、スマホを通じてサイバー空間の店と常につながっている。そこには、開店時間も閉店時間もない。スマホの画面には、過去の購買履歴から、次々と「あなただけへのお薦め商品」の情報がアップされる。

 10年代に入り、米国ではアマゾンなどネット通販の急成長の陰で、おもちゃチェーンの「トイザラス」、百貨店「シアーズ」などが経営破綻(はたん)に追い込まれた。「アマゾン・エフェクト」と呼ばれる現象だ。

 近世以降の日本の小売業の歴史…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら