[PR]

 映画が始まってすぐ、大型スーパーの売り場が俯瞰(ふかん)で映される。無数の買い物客や店員の中で、最も奥にいる豆粒のような背中に瞬時に目が行った。あ、あそこに吉永小百合がいる!

 それがスターのオーラだと言いたいわけではない。他の人々がみんな動いているのに、一人だけ微動だにしていない。そうすると、とても目に付くのだ。

 カメラが次第に彼女に近づくが、その背中は全く動かない。それだけでただならぬ状況だと分かる。「あの場面は犬童(一心)監督も凝っていました」

 作品は、吉永と天海祐希が主演する「最高の人生の見つけ方」。同名のハリウッド映画の日本版だ。モーガン・フリーマンが演じた自動車整備工に当たる役を吉永が、ジャック・ニコルソンの大富豪に当たる役を天海が演じている。

 今作で吉永が演じた北原幸枝はその日、がんで余命宣告を受けたばかりだった。

 「うんと地味に、抑えて抑えて演じました」

 固まった背中の演技が彼女の心情を表す。

 「夢は笠智衆さんのように、背…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら