[PR]

 インドネシアのジョコ大統領の側近のウィラント政治・法務・治安担当調整相(72)が10日、訪問先のジャワ島西部パンデグランで男に刺され、負傷した。警察は、この男と妻の計2人を現行犯逮捕し、2人が過激派組織「イスラム国」(IS)の思想に感化された過激派だと説明した。

 警察発表によると、ウィラント氏はこの日、講演のためにパンデグランを訪れ、正午ごろ、移動のための車のそばで男に鋭い刃物で刺された。近くにいた地元の警察幹部らも刺され、ウィラント氏とともに病院に運ばれた。過激派との関係を警察が調べている。

 担当医は「ウィラント氏は腹を刺された。意識はあるが、傷は深い」と、地元メディアに説明した。

 ウィラント氏は元国軍司令官で…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら