[PR]

 JR東海とJR西日本は10日、台風19号の接近に伴い、12~13日に東海道新幹線(東京―新大阪)の全線と、山陽新幹線(新大阪―博多)の一部で運転を取りやめる可能性があると発表した。

 東海道新幹線は台風の接近、上陸が予想される12日昼前から運転を取りやめる可能性がある。13日は台風通過後に鉄道設備の安全確認が終わり次第、運行を再開するとしている。

 山陽新幹線では12日午前中から新大阪―岡山間で運転の取りやめを検討。JR西日本では京阪神エリアを中心に在来線でも12日始発から運休を検討している。

 両社は詳しい運行計画を11日に発表するとしている。