[PR]

 愛媛県伊予市のJR伊予上灘駅に副駅長ならぬ「福駅長」がいる。トラ猫のトラ(雌、4歳)と白地のサビ猫カンナ(雌、2歳)。チワワの駅長マロン(雌、10カ月)とともに、愛らしさと気まぐれなおもてなしで訪れる乗客を魅了する。

 3匹の業務は観光列車「伊予灘ものがたり」の出迎え。近所に住む飼い主、北山博正さん(69)手作りの制帽をかぶり、ミニ駅舎に3匹で並んでいると、ホームに降りた乗客たちが一目散に集まってくる。

 気ままなトラとカンナはのびのびと寝そべって、乗客に流し目で答える。カワイイと言って構い過ぎると、時にご機嫌斜めに。その分、甘えん坊のマロンが記念撮影に応じてくれる。

 福駅長2匹はもともと野良猫。トラは2015年秋、北山さん宅の近くに住み着いた親猫が突然連れてきた。いつの間にか親猫が見当たらなくなったため、北山さんが保護し、飼い猫になった。カンナは17年、「保護したので飼ってもらえないか」と知人に相談され、トラの遊び相手になればと引き取った。今年、新たに飼い始めたマロンが加わり、犬猫の種別を超えて仲良く暮らす。

 伊予灘ものがたりの運行当初から、北山さん夫婦は乗客の出迎え、見送りに参加する。夫婦に連れられ、駅にやってくるうち、3匹は人気者に。今年7月、JR四国から正式に駅長と福駅長に任命された。みんなを笑顔にするから、「福」の字があてられた。

 伊予上灘駅周辺は、高齢化が進…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら