[PR]

 愛媛大学のグラウンドで今月6日、不審火とみられる火災があり、アメリカンフットボール部の部室が全焼した。試合に使う防具類を失った部員たちは、秋季リーグの真っ最中。「出場したい」。SNSで発信すると、全国のアメフト関係者から支援の品が次々に届いた。12日、試合に臨む。

 火災があったのは、松山市山越4丁目の愛媛大学山越グラウンド。未明に出火し、倉庫2棟計約40平方メートルが焼けた。

 うち1棟をアメフト部が部室として使っていた。部員が持ち帰っていたユニホームなどは無事だったが、選手26人分のショルダーやヘルメットなどの防具やシューズを焼失。歴代のトロフィーや写真も灰になってしまった。

 中四国の秋季リーグのシーズンを迎え、12日に島根大とのリーグトーナメント1回戦が迫っていた。

 火災を受けて6日の練習は急き…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら