拡大する写真・図版 これも刀の鐔(つば)。波に遊ぶウサギ。謡曲「竹生島(ちくぶしま)」と読み解ける「竹生島図透鐔 銘 丹州住定道(たんしゅうじゅうさだみち)」

[PR]

 実戦的な武器である刀にも、日本人は細密な美を宿らせた。大阪歴史博物館(大阪市)は「決定版 刀装具鑑賞入門」展を開催中(12月1日まで)。小さな刀の部品が、技巧の限りを尽くして極小の美を競い合う。

 刀装具とは、刀の柄(つか)や鞘(さや)にともなう金具のセット。手を刃から守る鐔(つば)などをいう。それらを彩る絢爛(けんらん)な金象眼、影絵や切り絵さながらに鮮やかなコントラストを見せる透かし、モダンな幾何学模様――。

 虫眼鏡がなければ気づかないほどの微小な魚々子(ななこ)という技法を施したものもあり、玄人好みの工夫やデザインが、これでもかとちりばめられている。

 モチーフも千差万別だ。定番の花鳥風月や縁起物から、日本列島の地図やお経の文言など奇抜なものもあって、日本人の豊かな感性と遊び心を映し出す。

 古典文学や中国の故事から得た…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら