[PR]

 米プロバスケットボール(NBA)の人気チーム幹部が香港のデモを支持したことに中国の世論や当局が強く反発するなか、10日、上海で予定されたNBAのプレシーズンマッチが開催された。会場を訪れたファンが、NBA側に謝罪を要求するプラカードを掲げる姿もあった。

 ヒューストン・ロケッツのモーリーGMが「香港と共に立ち上がろう」と書かれた画像をツイートしたことを受け、上海のファンイベントや試合の放送は中止されたが、10日のロサンゼルス・レイカーズとブルックリン・ネッツの試合は決行された。

 観戦に来た20代男性は、「モーリー、謝れ」「香港は中国に属している」などと書かれたプラカードを持参した。「NBAの選手は好きだが、私が尊敬するのは毛沢東だ」と語った。30代男性は「民族イデオロギーの問題になっている。その話はしたくない」と複雑な心境をのぞかせた。会場周辺では中国国旗を配る人の姿も。NBAの試合観戦はしても、愛国は忘れていないという立場を示そうとする姿勢がうかがえた。

 香港情勢をめぐって、外国企業…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら