[PR]

 10日、JR徳島駅前の「そごう徳島店」の来年8月末での営業終了が発表された。突然の知らせに、県内の関係者や利用客らに驚きや寂しさが広がった。(佐藤祐生、佐藤常敬、高橋豪)

 そごう徳島店は1983年10月の開店。売上高は1993年2月期の444億円をピークに、2007年からは12年連続で減少していた。近年は郊外に大型商業施設ができるなど競争が激化し、今年2月期は約128億円まで落ち込んでいた。社員数は契約社員を含め176人(9月15日現在)。本社員は他の店舗に異動するが、契約社員は営業終了時に契約終了となる。同店は「百貨店らしい催しや還元などで、最後までお客様に誠心誠意対応させて頂きたい」とコメントした。

 そごうが入るアミコビルは徳島市の第三セクター「徳島都市開発」が管理運営する。担当者は「聞いたばかりで、何も言うことができない。今後どうするのか考えたい」と話した。

 徳島市はにぎわい作りにもつな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら