[PR]

 北海道に暮らす老人2人の日常を撮った写真展「A RED HAT 赤い帽子」が大阪市北区の大阪ニコンサロンで開かれている。ひ孫とたわむれる。ラーメンをすする。ベンチで思いをめぐらす。2人のおだやかな表情からは78年前の事件を読みとれない。

 写真家の高橋健太郎さん(30)=東京都=が、「ふつうの日常」を撮ったのは、「彼らがふつうの生活を送る人間だから」だ。

 大学を出てフリーランスとなり、米紙ニューヨーク・タイムズなどに作品を発表している高橋さん。2017年5月、「共謀罪」法案をめぐる国会のやりとりに驚いた。捜査の対象について「写真を撮ったりしながら歩くなどの外形的な事情が認められる」などと金田勝年法相(当時)が答えたからだ。「僕もカメラを持ってうろうろ動き、怪しいと見られることもある」

 治安維持法の再来とも称された…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース