[PR]

 台風15号で大きな被害を受けた千葉県内の自治体は10日、19号接近に備え、避難所の準備や早めの避難呼びかけなどの対応に追われた。

 南房総市は停電や電話の不通が続いた15号の時よりも避難所を6カ所増やす。10日、ホームページに避難所の情報を掲載。9日には防災行政無線などで、家の周りの片付けや非常食の準備、停電対策を呼びかけた。館山市も避難所を1カ所増やす。各避難所に食料や水、毛布、非常用発電機などの準備を進める一方、市内の病院に発電機の必要数の聞き取りをしている。鋸南町は防災行政無線で早めの避難を呼びかけた。

 富津市は「台風がきてから非常用発電機を持っていくのでは遅い」と、必要性の高い施設への事前配備を準備する。市原市は、ゴルフ練習場の鉄柱が倒壊した現場周辺の住宅を訪ね、19号への注意を呼びかけた。

 千葉市は大雨や高潮などによる浸水被害を防ぐため、市内6区計58カ所にある「土のうステーション」の利用を呼びかけ始めた。問い合わせは市土木管理課(043・245・5389)へ。

台風19号の影響で中止、順延する主な催し

【中止】

11日 佐倉の秋祭り(~13日)

12日 第39回沼南まつり

   第6回ふっつ岬体験めぐり

   第35回流山人形供養会

   ふなばし朝市

   九十九里ビーチドッグフェスティバル2019(~13日)

   第45回大多喜お城まつり(~13日)

   ツール・ド・ちば2019(~13日)

13日 あけぼの山農業公園まつり

   幕張メッセ×bayfm 30th ANNIVERSARY SPECIAL THANKS PARTY

【順延】

13日 NARITA花火大会in印旛沼(順延後の日程は未定)