[PR]

 ワシントンで開かれている米中高官級の通商協議が10日、初日の日程を終え、トランプ米大統領は記者団に対し「非常にうまくいっている」と述べた。11日には、トランプ氏と中国側の交渉責任者、劉鶴(リウホー)副首相が面会する。金融市場などでは、米政権が15日に予定している対中追加関税「第1~3弾」の税率引き上げが延期されるのではないかとの期待感が高まっている。

 高官級協議が開かれるのは、9月1日の対中関税「第4弾」の一部発動と中国側の報復を挟んで約2カ月半ぶり。10日の米ニューヨーク株式市場では、午前中にトランプ氏が「劉氏と会う」とツイートしたことを好感し、大企業でつくるダウ工業株平均の上げ幅が一時、250ドルを超えた。

 全米商工会議所のマイロン・ブ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら