[PR]

 大型で非常に強い台風19号は勢力を保ったまま12日夕方から夜にかけて東海か関東に上陸し、その後、東北へ進む見込みだ。12~13日に東海・関東を中心に広い範囲で記録的な暴風や大雨となる恐れがある。大雨特別警報を出す可能性もあり、気象庁は風雨が強まる前の早期避難や安全確保を呼びかけている。

 気象庁によると、台風19号は11日午前9時現在、東京・父島の西を時速25キロで東日本に向かって進んでいる。中心気圧925ヘクトパスカル、最大風速50メートル。最大瞬間風速は70メートル。最大風速45メートルの非常に強い勢力を保ったまま本州に上陸すれば、記録のある1991年以降初めてという。13日には北海道の東方海上で温帯低気圧に変わる見込み。

 台風19号から暖かく湿った空気が流れ込み、11日午後は西日本の太平洋側や東日本の一部では激しい雨が降る見込み。12~13日は台風本体の発達した雨雲などの影響で、西日本から東北まで広い範囲で猛烈な雨が降る。特に東海や関東などでは、1958年に伊豆半島を中心に死者・不明者1269人を出した「狩野川台風」に匹敵する記録的な大雨となる恐れがある。

 13日正午までの24時間の予想雨量は東海600~800ミリ、関東甲信と北陸300~500ミリ、伊豆諸島と東北300~400ミリなど。暴風の強さは先月の台風15号と同程度だが、範囲が広く日本海側でも影響が出る恐れがある。12日までに予想される最大風速は東海45メートル(最大瞬間風速60メートル)、関東甲信40メートル(同)など。

 また台風19号の接近に伴い、前線も北上。11日夜から12日にかけて北陸や東北付近に停滞し、大雨となる恐れがある。西・東日本は潮位の高い時期にあたり、高潮にも警戒が必要だ。

     ◇

 〈狩野川(かのがわ)台風〉 1958年9月末に静岡県の伊豆半島の南端をかすめ、神奈川、東京、三陸の海岸沿いを北上した。東京で日降水量371・9ミリを観測するなど、東海地方と関東地方で大雨となり、土砂災害や河川の氾濫(はんらん)が相次いだ。伊豆半島中部では特に集中して雨が降り、大量の水が流れ込んだ狩野川が氾濫。伊豆地方だけで1千人を超える犠牲者が出た。神奈川や東京でも、市街地の浸水や造成地の崖崩れなどで、大きな被害が出た。

首都圏の鉄道は順次計画運休、空の便でも大幅欠航

 JR東日本など鉄道各社は11日、台風19号が本州に上陸する見通しの12日の運転について、首都圏を中心に大幅に運休する計画を発表した。

 JR東日本は首都圏の在来線について12日午前9時以降、順次運転を取りやめる。東海道や横須賀、京葉各線などは午前10時ごろ、京浜東北や中央、総武、宇都宮、高崎、常磐各線などは正午ごろに運転を中止。山手線も午後1時ごろには運転を取りやめ、首都圏の在来線全線がストップする。運転再開は早くても13日昼過ぎになる見込みという。

 東北、上越、北陸各新幹線は午前11時以降に運転本数を減らし、正午過ぎから順次運転を取りやめる。

 JR東海は東海道新幹線の東京―名古屋間について、12日は始発から運転を終日取りやめることを決めた。名古屋より西については、名古屋と新大阪をそれぞれ午前6時台に出発する「のぞみ」「ひかり」「こだま」を上下各1本ずつ走らせるが、その後は終日、運転を取りやめる。13日も運転本数を減らす可能性があるという。

 小田急電鉄も12日正午以降に運転本数を減らし、午後3時以降は全線で運転を取りやめる。13日も、施設の点検などを完了させるまでは運転取りやめを続けるという。京王電鉄も12日午後2時ごろまでに京王線と井の頭線ですべての運転を取りやめるなど、首都圏のほかの私鉄や地下鉄も一部の区間で運休する見通し。

 空の便も12日は大幅に欠航する。全日空は羽田、成田の両空港を発着するすべての国内線を含む計490便を欠航。国際線についても羽田、成田両空港の発着便を中心に112便を欠航する。日本航空も国内線513便、国際線75便を欠航し、羽田では早朝の出発便を除いて大半が飛ばないという。