[PR]

 平和記念公園(広島市中区)のある場所に、原爆投下前まで広がっていた繁華街・旧中島地区を、夏の自由研究のテーマに選んだ小学6年の女の子がいる。「街があったなんて」という驚きから調べ始め、「私たちが記憶して街のことを語り継ぎたい」と思うようになった。

 東広島市立西条小6年の藤原花凛(かりん)さん(12)は昨年の夏、母親から新聞記事を渡された。平和記念資料館の本館地下の発掘調査で、民家や銭湯の遺構に、被爆瓦、溶けたガラス瓶など多くの遺物が見つかったと記してあった。

 「昔の暮らしが公園の下に残っているなんて。何度も行ったことがあるけど、何も知らずに上を歩いていたんだ」。驚き、もっと知りたいと調べ始めた。

 今年5月には、公園内に立つ町…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら