[PR]

(11日、プロ野球CS第2ステージ ソフトバンク7―0西武)

 ソフトバンク千賀のスイッチが入った。四回、先頭を四球で歩かせた後、3者続けて空振り三振を奪った場面だ。外崎を154キロ、山川は152キロ。そして栗山へは、この日最速157キロ。直球がうなり、マウンドで立ちはだかった。

 立ち上がりは本調子ではなかった。一回にいきなり先頭の秋山に右前安打を許した。三、四回と先頭打者を四球で出した。ただ、味方が序盤から援護。「テンポ良く投げられた」と、立ち直った。

 5日の第1S初戦。千賀は満を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら