[PR]

 島根大の卒業生で県外出身の2人による漫画家ユニット「ヘイソン・ニャー」が、「島根の子どもたちがもっと地元を好きになるように」との願いを込めた絵本を完成させた。県の協力で、県内の幼稚園や保育園に寄贈する考えだ。

 宮城県石巻市出身で松江市在住のヘイ子さん(31)=本名・大田美穂=と、香川県三木町出身で、奈良県に住むソン子さん(31)=本名・清水若加奈=のコンビ。島根大では、同じ法文学部に在籍し意気投合。卒業後は一時ルームシェアもしていたという。

 2人とも、島根で暮らしていて、県内の人が「島根は田舎だから……」などと自信を持たないことが気になっていたという。結婚・子育てを経て、島根の子らが故郷の魅力に親しめるような絵本を作ろう、と思い立った。ソン子さんが奈良に移住した後の2017年にユニットを結成し、クラウドファンディングで資金を集め、目標金額100万円に対し約150人から約140万円が集まった。

 絵本のタイトルは「こねこてん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら