[PR]

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)で、初の決勝トーナメントに進んだ日本代表。名門高校OBがひしめくなか、無名の県立高校から出場を代表に名を連ねる選手がいる。今大会、出場こそないが、練習でチームに貢献したとして表彰された。選手を知る人たちは「献身的に躍進を支える姿を誇りに思う」とエールを送る。

 大分県の山あいにある県立由布高校(由布市)のグラウンド。ラグビー部の佐々木浩人主将(16)は「木津さんが練習したグラウンドに立っていることを誇りに思います」と話す。

 「木津さん」とは、日本代表の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら