[PR]

 名古屋地方気象台によると、台風19号は12日の昼前から夜にかけて東海地方に最接近するという。気象台は、暴風や大雨、土砂災害や河川の氾濫(はんらん)などへの厳重な警戒が広範囲で必要だと呼びかけている。

 12日は朝から警報級の暴風や大雨になるといい、三重県や静岡県を中心に猛烈な雨が降る。海上は大しけで、沿岸部では高波にも警戒が必要という。

 13日午前6時までの24時間雨量は、静岡県で600~800ミリ、愛知県と三重県で200~300ミリ、岐阜県で100~200ミリ。地域によって大雨特別警報が出る可能性があるという。

 1958(昭和33)年9月に静岡県や関東地方を中心に被害を出した狩野川台風と似たコースをたどっているといい、当時に匹敵する降雨になる可能性があるとみている。