[PR]

 島田大祭を前に11日、静岡県島田市大井町の大井神社で、祭りに参加する町衆の安全を祈願する「衣裳揃(いしょうぞろ)え」の儀があった。約400人が1~7街区と本宮に分かれ、色とりどりの法被を着ておはらいを受けた。

 3年に一度の大祭は12~14日の3日間を予定していたが、台風19号の接近で11日午後と12日の行事は全て中止に。大井神社の片川徹宮司(65)は「神様が事故が起きるのを防いでくれたと思って、その分13、14日を盛大に楽しみましょう」とあいさつした。参加者は三本締めで締めくくり、13日以降の祭りの隆盛を誓った。(阿久沢悦子)