「ほぼラーメン」な豚骨うどん 元「二郎」店主の誇り

有料会員記事

石塚大樹
[PR]

 こってり味の豚骨スープ、食べ応えのある太麺とチャーシュー、高さ15センチまで盛られたもやしとネギ――。見た目は大盛りラーメンだが、これはうどんだ。なんで? 3年前まで関東の有名店「ラーメン二郎」の店長だった店主の思いがどんぶりに詰まっている。

 うどん屋「肉うどん さんすけ」は、名古屋城のおひざ元、名古屋市中区丸の内のオフィスビル街の一角にある。

 店の一番人気は、アジやサバ、昆布から出汁(だし)を取ったあっさりスープに、平打ち麺を合わせた「肉うどん」(税込み780円)。チャーシューがのっている以外はラーメンぽさはない。

 だが、二番人気の「濃厚肉う…

この記事は有料会員記事です。残り1120文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら