[PR]

 台風19号について、気象庁は24時間雨量が東海で最大800ミリ、関東甲信で500ミリ、最大瞬間風速は60メートルに達するとの見通しを示している。過去に同じ程度の風雨に襲われた地域は、大規模な土砂崩れ、住宅地や地下街の浸水のほか、樹木が倒れ鉄骨の建造物も壊れるなど、大きな被害に見舞われた。厳重な警戒が必要だ。

 記録的大雨となった2000年9月の「東海豪雨」では、24時間降水量が、名古屋市での観測史上1位となる534・5ミリに達した。河川の堤防が決壊、地下街に水が流れ込んで地下鉄が2日間不通になった。愛知県で死者7人、2万2千棟が床上浸水した。

 東京電機大の安田進・名誉教授(地盤工学)は、今回の19号について「特に関東地方は経験したことのない大雨になりそうで、排水が追いつかず市街地の建物が浸水する『内水氾濫(はんらん)』が心配だ。土砂災害は火山灰でできた斜面や急傾斜地、盛り土で造成した宅地も危険がある」と指摘する。

 斜面や扇状地は土砂災害、堤防…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら