[PR]

 日本銀行は11日、金融機関の経営状況を調べる考査の際に、スルガ銀行(静岡県沼津市)から提出された会議の議事録の一部に虚偽の情報が掲載されるなどの違反行為があった、と発表した。経営管理の態勢を改善して報告するよう、スルガ銀に要請した。

 問題が見つかったのは、2014年12月と18年2~3月の考査。議事録の虚偽のほか、提出資料で会議の存在が伏せられ、会議に報告された内容が記載されないケースがあった。

 スルガ銀では、不動産向け融資で多数の不正がみつかり、18年10月には一部業務の停止命令を金融庁から受けた。第三者委員会などによる調査が進むなか、過去の考査での違反が発覚した。(湯地正裕)