[PR]

「まだまだ勝手に関西遺産」

 「大きいことはいいことだ」なんてCMソングを聴いて育った。だからというわけではないけれど、この大きさはずっと気になっていた。奈良・西大寺がお正月と春秋に催す伝統行事、「大茶盛(おおちゃもり)」の茶碗(ちゃわん)だ。

 過去の朝日新聞奈良版を繰ると、紹介記事が毎年のように出てくる、出てくる。でも、んっ、おやっ? 直径が「40センチ」「35センチほど」「36センチ」とばらばらなら、重さも「4~6キロ」「5キロ」「5キロ以上」「6~7キロ」で、記事によって違うぞ。どれが正解なんだ? 西大寺の主事・中野祥圓(しょうえん)さん、教えてください。

 「ああ、それはどれも正解です…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら