[PR]

 ラグビーワールドカップ(W杯)で先月末に世界ランク2位のアイルランドを破り、史上初のベスト8進出を目指す日本代表。13日夜にはスコットランド代表と対戦します。五輪の7人制ラグビーでは、「英国代表」チームが出場する一方で、15人制のW杯では、英国からスコットランド、アイルランド、イングランド、ウェールズがそれぞれ代表チームを送り出しています。アイルランド共和国の首都ダブリンに留学経験があり、地元の強豪クラブに所属した経験もある成城大学の海老島均教授(スポーツ社会学)に聞きました。

    ◇

 まず、英国の成り立ちを振り返ります。英国の正式名称は「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」です。1922年、それまで英国を構成していたアイルランド島の南側が「アイルランド自由国」として自治領になり、その後アイルランド共和国として独立します。この結果、英国は主に、首都ロンドンがあるイングランド、それぞれ地域議会を持つウェールズ、スコットランド、北アイルランドで構成されることになりました。海老島教授は、この歴史を踏まえ、経緯を説明してくれました。

 ――英国という連合王国を形成しているのに、どうして四つの代表チームがあるのですか?

 「ラグビーの国際組織ができるより前に、英国の各地域のラグビー協会が生まれたのが大きな理由です」

 ――詳しく経緯を教えてください

 「1871年、イングランドに…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら