[PR]

 政府の個人情報保護委員会は11日、アマゾンジャパンに行政指導をしたと発表した。9月下旬、アマゾンの一部の利用者の画面に他の利用者の氏名や住所、注文履歴などが誤表示されたことに対し、再発防止を求めた。保護委によると、約11万アカウントの利用者の個人情報がほかの利用者に表示された可能性があるという。

 誤表示は9月26日に発覚し、その日のうちに解消された。同社は影響を受けた利用者に対して10月4日に個別に連絡したという。誤表示はアマゾン内のシステムの不具合によるもので、不正アクセスなどではないとしている。