目覚めた大山、奇跡への一発 崖っぷち阪神、踏ん張った

有料会員記事

伊藤雅哉
[PR]

(11日、プロ野球CS第2ステージ 阪神7―6巨人)

 崖っぷちの阪神が踏みとどまった。同点の九回、ついに眠れる大砲が目覚めた。先頭の7番大山だ。勝ち越し弾が右翼席ギリギリに吸い込まれる。この一振りが乱戦にけりをつけた。

 巨人6番手の左腕中川の低めのスライダーをとらえた。「ここからが本当のタイガースの強さだと。流れに乗り切れていなかったけど、自分のスイングをしようと思った」

 引き分けでもCS敗退が決ま…

この記事は有料会員記事です。残り395文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら