[PR]

 米国のエスパー国防長官は11日に会見し、9月に起きたサウジアラビアの石油施設への攻撃を受け、同国に駐留する米軍部隊を3千人増派すると発表した。「イランは攻撃への関与を否定するが、回収された証拠はイランに責任があることを示している。増派は地域で継続する脅威に対応するためだ」と説明した。

 発表によると、米軍はサウジに、ミサイルを迎撃する地対空誘導弾パトリオット2基と高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD)1基、航空機部隊なども新たに配備する。サウジから増派要請を受けていたといい、エスパー氏は11日、国防相を兼務するサウジのムハンマド皇太子に計画を伝えたという。

 国防総省によると、今回の増派…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら