[PR]

 トランプ米大統領は11日、貿易摩擦が続く中国との間で「第1段階の合意」に達したと述べ、15日から予定していた対中追加関税「第1~3弾」の税率引き上げを延期すると表明した。中国側による農産物の輸入拡大など歩み寄りやすい分野を中心に暫定的合意に至り、対立の激化を当面は回避した。

 トランプ氏はワシントンで2日間にわたって開かれた米中の高官級通商協議の後、中国側の交渉責任者、劉鶴(リウホー)副首相とホワイトハウスで面会。会談を終えた後、中国の知的財産侵害問題の「一部」や、金融サービスの市場開放、農産物の輸入拡大といった分野で合意に至ったとし、「素晴らしいディール(取引)だ」と成果をアピールした。

 中国が輸出に有利なように通貨安へと誘導する政策を防ぐための条項についても、合意に至った。トランプ氏は、第1段階の合意を「3~5週間」で文書にまとめ、11月中旬にチリで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で米中協議を加速させたいとの意向も示した。この機会に米中首脳会談を開き、来年の米大統領選に向けてトップ外交の成果を誇示しつつ「第2段階」の交渉を本格化させる構えだ。

 一方、同席したライトハイザー…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら