[PR]

 大型で非常に強い台風19号は12日午前、伊豆諸島の南西海上を北上した。夕方から夜にかけて静岡県から関東に上陸する見込みだ。関東・東海では記録的な大雨や暴風となる恐れがある。気象庁は大雨の警戒レベルで最も高い「5」にあたる大雨特別警報を出す可能性を示唆。早期の避難を呼びかけている。

 気象庁によると、台風19号は12日午前10時現在、東京・八丈島の西南西を時速25キロで紀伊半島や伊豆半島の一部を暴風域に巻き込みながら、本州に向かっている。中心気圧945ヘクトパスカル、最大風速45メートル。最大瞬間風速は60メートル。

 同日午前11時までの24時間雨量は、静岡県伊豆市湯ケ島で468・0ミリ、神奈川県箱根町で452・5ミリを記録し、10月の観測史上1位を更新した。三重県志摩市で292・0ミリを記録するなど、特に紀伊半島から関東にかけて雨量が多くなっている。千葉県鋸南町や静岡県熱海市などでは全域に警戒レベル「4」の避難勧告を出した。

 12日午後から13日には、四国や中国地方から東北にかけて雷を伴った猛烈な雨が降る可能性がある。特に関東や東海では、1958年に伊豆半島を中心に死者・不明者1269人を出した「狩野(かの)川台風」に匹敵する記録的な大雨となる恐れがある。

 予想される24時間雨量は、13日午前0時までに東海800ミリ、関東甲信と北陸500ミリ、伊豆諸島と東北400ミリなど。暴風の強さは先月の台風15号と同程度だが、範囲が広く、日本海側でも影響が出る恐れがある。13日にかけて最大風速は東海と関東甲信45メートル(最大瞬間風速60メートル)、東北35メートル(同50メートル)などが予想されている。

 潮位が高い時期とも重なることから、特に東海では記録的な高潮となる恐れもある。台風19号は13日にかけて東北の南側を通り、夕方までに北海道の南東海上で温帯低気圧に変わる見込み。

 各地で停電も発生している。東京電力パワーグリッドによると、12日正午現在、千葉県で約4400戸、茨城県で約1千戸、山梨県で約800戸、神奈川県で約700戸、埼玉県、静岡県で各200戸。(金山隆之介)