【動画】水位が「警戒レベル4」に達した五十鈴川。周辺の田や道路が冠水していた=安田琢典
[PR]

 台風19号の接近に伴い、三重県伊勢市周辺では12日未明から断続的に雨が降り続いている。

 市災害対策本部によると、伊勢神宮内宮の近くを流れる五十鈴川と支流の矢田川の水位が「警戒レベル4」に到達。一部が周辺の田や道路などに越流した可能性がある。同市楠部町などで床下浸水などの被害が出ているといい、市が件数や状況の確認を急いでいる。

 市は12日午前11時半現在、市内1万7712世帯、4万4262人に避難指示を出しており、このうち496世帯、813人が学校や公民館などに避難している。現時点でけが人や行方不明者は確認されていないという。