拡大する写真・図版 (左から)さきさん、巴留菜さん、カイトさん、Yさん=2019年10月5日、京都市左京区、槌谷綾二撮影

[PR]

 芸術の秋に、ちょっと気になる展覧会を見つけました。京都国立近代美術館で開かれていた「ドレス・コード?――着る人たちのゲーム」。様々なファッションにまつわる展示を見にやってくるのは、どんな装いの人たちなのか。オシャレ好きな大阪文化服装学院の正中(まさなか)亜衣さんと佐野萌仁香(もにか)さんが、来館者のファッションスナップを集めに訪れました。

 会場で白のワントーンコーデが決まっていたのは、さきさん。ラップスカートやビスチェを重ね立体感を演出。シルバーの大ぶりのアクセサリーを使うことで、カジュアル感をプラスしていました。

 巴留菜さんは、唇の柄のブラウスからシャツに描かれた「顔」がのぞいているという遊び心ある装い。「私は口下手なので、服でその日の感情を素直に表現しています。今日は強気」とのこと。正中さんは「上下異なる柄で合わせてるのは難しいのに、秋っぽい色で統一感がある」と絶賛していました。

 黒一色で存在感を放っていたカ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く